合コンで一目ぼれした彼とお付き合いを始めて3カ月が経ちました。彼ってすごくおっとりしていて、本当に優しいし誰にでも親切だし、この3ヶ月間怒った所を見た事がないのです。私が知っている男性像とは全くかけ離れているんですよね。なので付き合ううちにどんどん彼の事が好きになって行くんです。

ある日彼がお家に招待してくれたのです。これって、家族に紹介してくれるって事だよね。って事は彼は私との結婚を視野に入れてくれてるって事だよねって勝手に舞い上がってしまいました。彼のお家に伺う日の朝は、もうずっと緊張しっぱなしで、やっぱこっちの洋服の方が清楚に見えるかなって何度も着替えなおしました。彼と駅で待ち合わせをして、いざ彼のお家へ。彼のお家は古い日本家屋っていう感じの一軒屋で、結構立派な門があって何やら木の看板が門の所にかかっていました。客間に通されると彼のおばあさまがお茶を持ってきてくれてたので、ご挨拶をして、持参した手土産を渡すと、若いのに気のきくお嬢さんねと褒められたので嬉しくなりました。彼曰く、彼のご両親が仕事で忙しかったので彼はおばあさまに育てられたと言っていました。そっか、彼の優しさや穏やかさっておばあさまのおかげなんだなって思いました。

暫く3人で色々な話をしていたら、おばあさまが、そういえばあなたは三味線てお好き?と聞いてきたので、本当は三味線なんて全く興味もないし三味線の音なんて聞いたこともないけど、はい、なんか昔から好きなんですよね、三味線ってというと、まあそうなの、実はね私三味線の教室をやっているの。是非、三味線習いにいらっしゃいと言われていまいました。

私、どうしたらいいですか?